相続に関するご相談

「相続」とは、人が死亡し、その財産(権利義務)を相続人が引き継ぐことをいいます。
亡くなられた方を「被相続人」、法律上財産を引き継ぐ権利を有する方を「相続人」と呼びます。一般的な家庭においても、自宅の土地・建物をはじめ、現金や預貯金、自動車などの相続手続きが必要になります。

このページの見出し

  • 1.遺言の有無を確認
  • 2.法定相続人の調査・確定
  • 3.相続財産の調査・確定
  • 4.遺産分割協議
  • 5.遺産分割協議書の作成
  • 6.相続登記(不動産の名義変更)

👉 詳しくはこちら

遺言に関するご相談

遺族間のもめ事を起こさないためには生前の対策が重要です。
生前の相続対策として、まず頭に浮かぶのは「遺言書の作成」ではないでしょうか?
遺言書は故人の最終意思表示です。意思表示をきちんと示すことで、親族間のもめ事はほとんど回避することができるといえます。ただし、この「遺言書がもめ事の火種」となる場合も。
それは、その遺言書に法的な効力があるものかどうかという点にあります。

このページの見出し

  • 1.遺言書の作成とその効果
  • 2.遺言の形式
  • 3.遺言を残したいと思ったら…
  • 4.遺言では遺言執行者を決めておくとよい
  • 5.遺言書を残しておくべき人

👉 詳しくはこちら

不動産登記に関するご相談

土地や建物を購入する際、「不動産登記が必要になります」と耳にしたことはないでしょうか。
不動産登記が必要な主なケースとしては以下の場合があります。(実際には様々なものがあります)

①建物を新築等した場合
②不動産の売買・贈与をした時
③不動産を相続した場合
④住宅ローンを完済した場合
⑤住所を変更した場合

このページの見出し

  • 1.登記簿には何が記載されているのか
  • 2.そもそも不動産登記とは?
  • 3.不動産登記が必要な理由
  • 4.不動産登記が必要なケースとは?
  • 5.抵当権とは
  • 6.抵当権抹消登記を当事務所にご依頼いただいた場合の流れ

👉 詳しくはこちら

会社設立に関するご相談

会社設立を検討していく際、設立手続きをすべて自分で行うか、司法書士に依頼するか迷われる方も多いと思います。もちろん、ご自身で手続きを行うことも可能ですが、設立については多くの煩雑な書類を用意し、また法務局や公証役場に出向いて手続きすることも多く、かかる時間と手間は計り知れません。
ここでは当事務所にご依頼いただいた場合のメリットを中心にご説明させていただきます。

このページの見出し

  • 1.会社設立登記とは?
  • 2.会社設立をお考えの方、是非ご相談ください!
  • 3.会社設立手続き(登記)を司法書士に依頼するメリット
  • 4.「ご自身で行う場合」と「当事務所に依頼する場合」の費用比較

👉 詳しくはこちら

会社登記に関するご相談

商業登記簿には会社設立登記時に様々な情報を登録しており、その登録内容が変更になった場合は、変更登記が必要になります。

よくある事例として、

・会社の社名や住所を変更するとき

・取締役や監査役などの役員を変更するとき

・代表取締役の住所を変更するとき

・資本金を増やす、減らすとき

・合併や会社分割などの組織再編を行うとき

・会社を解散するとき

などの場合が挙げられます。

👉 詳しくはこちら

教えて!Q&A

相続、遺言、不動産などの疑問点について、司法書士の高木が詳しくお答えします。
是非ご参考になさってください。

👉 詳しくはこちら